借金の返済を待つようになると時間が経過しないわけ

私にとって深いお話があるので、聞いていただけますでしょうか。

それは時間についての物語です。

借金の返済はすごく長く感じます。まるで時間が永遠にあるような。返済とはそんなもんですよね。
自分にとって返済が長いなら短く感じるような方向にもって行く必要があると思います。

同じ借金返済でもどうやって気持ちを整えれば良いのか?逆転の発想で待つようにするんです。

えっ!そんなことだけ変わるわけないやん!とツッコミたくなりますが、実はこういった経験はありませんか?

大阪から沖縄に行く。スノボーに行く。海の家に遊びに行く。なんでもいいんですが、行く時の方が確実に時計の針が遅くないですか?

これには私ならではの答えがあるんです。

それは「何かを得るとき」と「失う場合」ではかなり姿勢が変わってくるんです。

人は失うときは一瞬にして砂時計が進んでいくんですね。

得るときにはそれに対して待ち遠しい気持ちが継続するんですね。

ありそうでなかったものだと思いますよね。

借金も楽しめると早いかも

借金はかなり苦行です。

返済をするのは紛れもなく労働や楽しみもすべてしんどくなる。

同じことをしていたとしても気持ちがついてこない。勘弁してくれ!というのが本音です。

楽しいことって具体的にはどうしたらいいのか?

 

 

苦しい事を直接的に楽しむことは難しい。それこそ返済していくお金に楽しみを感じる事は不可能に近い。

 

せっかく稼いだお金を借金返済に全額充てる場合には精神的な辛さを否定できないからだ。

 

感覚的だけで物事を把握することもできない。

 

 

時間が経過していく中で違う事でストレスを発散して借金返済をしていく。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ